財布をオーダーメイドで作ったならお手入れも徹底を

オーダーメイドの財布でも日々の自宅お手入れは必須


オーダーメイドの財布は、その素材が牛革のものが多く、皮の表面やなめしの種類によっては慎重なお手入れが必要です。既製品の財布では、皮であっても表面素材が人工的なものが使われていることが多く、簡単な拭き取り程度で良いものもあります。


オーダーメイドの財布で、素材の色が薄く本来の皮の特徴をもったものですと、しっかりとしたお手入れが必要です。オーダーメイドの財布を購入する際に、そのお手入れ方法を事前に聞いておくことがもっとも良いお手入れ方法と言えます。


自分勝手な判断で、市販のクリームやメンテナンス用品を使いますと、色の変色やひび割れなどの原因になったりします。せっかくのオーダーメイド品ですから、末永く使えるよう大切に扱いたいものです。

既製品のお財布ですと、特に気をつけてお手入れを行うことが少なく、ブランドによっては専用のメンテナンス用品が準備されています。既製品であっても、オーダーメイドの財布であっても、長く使うためには、しっかりとしたお手入れが必要です。


また、オーダーメイドのお財布ですと、皮本来の風合いを生かしたものも多くあります。このような皮のお財布ですと、お手入れの方法も注意が必要意です。革製品のメンテナンス用品で、潤いを与えて防水効果をもったものもあります。


しかし、オーダーメイドの皮の種類によっては、変色することがあります。ですから、お手入れについてはオーダーメイドのお財布を購入する際に、どのようなメンテナンス方法がいいのかを事前に聞いておくことが大切です。


ショップによっては、素材毎のメンテナンス用品を準備しているところもあります。特に、吸湿性をもった素材の場合ですと、自宅で使用しない場合は風通しのいい場所で乾燥させることも必要になってきます。