長財布が濡れてしまった時のお手入れは時間との勝負

水分は大敵!長財布が濡れた時に急いですべきお手入れ


大切な革財布、雨や飲み物などの水分で濡らしてしまった、うっかり水たまりに落としてしまった時などは、濡れたまま放置してはいけません。長く使うためにも、適切なお手入れをする必要があります。


革財布が持つ特有の滑らかさは、革自身が持っている油分によるものです。その油分が抜けてしまうと、革の濡れた部分が染みになったりゴワゴワしたりしてしまいます。革素材の中でも、特にヌメ革は水に弱く染みになりやすい性質があり、適切なお手入れをしなければなりません。


革財布が濡れた場合は、水分を拭き取る、型崩れを防ぐ、しっかり乾燥させる、油分を補給するといったケアが必要です。濡れてしまった時のお手入れの方法について具体的に説明していきましょう。

濡れた長財布のお手入れには、まずは乾いた布などで優しく拭き取ることが大切です。力が強いと革が傷み色落ち・色ムラの原因になります。早く乾かそうとドライヤー等で熱風を当てると、革を必要以上に乾燥させ、劣化させるので避けましょう。


財布の革全体が濡れた場合は、新聞紙や乾いたタオルなどで型崩れを防止することが有効です。濡れてしまったのが一部分の場合は拭き取るだけのお手入れでも構いません。拭き取った後は、湿気が抜けるまで陰干しを行い、長財布の濡れた部分をしっかり乾かします。


乾いたと思っても、意外と湿気が残っているので注意しましょう。直射日光で乾かすと革全体が乾燥し、変色や色ムラを引き起こすことがあるのでお手入れには向きません。その後、長財布に皮革専用のクリームを塗り、失われた革の油分を補います。


濡れた時の水染み対策として、仕上げに防水スプレーをかけておくのも良いでしょう。上記のように適切なお手入れをすることで、長財布が濡れてしまった場合の被害を抑えることができます。