湿気対策以外にも財布の保管を上手にする方法

しばらく使わない財布の保管は湿気対策の詰め物が必須


革製品、特にブランドバッグや財布は湿気に弱いとご存知の人も多いと思います。アメリカ発祥の有名な人気ブランドやヨーロッパのブランド製品は湿気に強くありません。その理由としては、日本と比較するとヨーロッパは湿気が少ないということが挙げられます。


したがって、ヨーロッパ発の財布は得に保管場所に気を使わなければなりません。通気性の悪い場所に保管してしまうとカビが生えてしまうこともあります。


また、ブランド品に限らず財布には多かれ少なかれ接着剤を使用している製品もあります。財布は柔軟性が要求されるため、乾いても硬くならない接着剤を使われています。なので、水分を吸収しやすい性質をもっているものが多いのです。


しかし日本は湿気が多いので、接着剤が溶け出してシミになったり、ひどいときには剥がれてベタベタしてしまいますので、保管する場所はとても大切になります。

それでは実際にどのように保管すればよいのかをご紹介します。湿気対策はしっかりすること、乾燥剤の種類や入れすぎに注意すること。また、防虫剤は使用しないのと箱や袋に入れて保管しないことも大切です。


季節の変わり目に虫干しするのもおすすめですし、定期的に使い続けることも考えてみてください。以上のことを実践すればかなり財布を長く使うことができます。上でも述べたように財布は湿気に弱いので、通気性がいい場所に保管するということが重要です。


湿気を防ぐには、詰め物をする方法が最適です。不織布をコインケースや紙幣スペースにサイズを合わせて切って、挟んでおくこと。新聞紙も吸水性があって良いですが、インクがついてしまうので不織布で包んで入れると良いでしょう。


乾燥剤や防虫剤は、なるべく入れないようにした方が良いです。防虫剤は揮発して、塗装や財布の素材と化学反応を起こして劣化してしまいます。また防虫剤の臭いがついてしまい、価値が下がってしまいます。


買った箱や袋に入れて保管してしまうと、ずっと閉じ込められているので湿気が溜まりやすくなってしまいます。最後に、財布は使ってやっと意味があるものです。


定期的に使っていれば湿気もそれほど気にしなくても問題ありません。時々仕舞っている場所から出して、使ってあげることも長持ちに繋がります。