防水スプレーする頻度で財布への効果も影響も変わる

革財布に防水スプレーをする最適な頻度は持ち歩く時間による


革財布は、定期的なお手入れをすることにより、長持ちします。新品よりもきちんとお手入れして使い込んだ革財布の方が味わいがあり、持ち味の良さが出て来ます。革は水気を嫌います。


水に濡れてしまうと固くなったり形が変形したり、色が変色したりします。防水スプレーをかけておくことで、それらのトラブルが回避されます。防水スプレーは、買って来たらまだ汚れが付かないうちにかけておくことが重要です。


その後の防水スプレーの頻度ですが、持ち歩く時間によって行うことが大切です。財布のように、持ち歩く頻度が高く、雨に濡れる可能性や外気に触れる可能性のの高いものは、防水機能が抜けやすくなります。2週間に1度くらいの頻度で防水スプレーを行っておけば安心でしょう。

革財布は水に弱いという特徴があります。水に濡れてしまうと、固くなってしまい、革財布が持つしなやかさが失われたり、変形したり、色落ちしてしまったり色々と不都合が出て来ます。


そのために、防水スプレーをかけておくと、これらのトラブルを回避することができます。革財布を買って来て使う前に防水スプレーをしておくと、表面に保護膜ができるので埃や汚れを寄せ付けにくくなります。その後は、どれくらいの頻度で防水スプレーをかければ良いのでしょう。


これは、持ち歩く時間や頻度によって変わってくると言えます。財布は毎日のように持ち歩くものですし、雨に濡れてしまったり外気に触れる可能性も高いです。そのため、2週間に1度くらいの頻度で防水スプレーを行うと安心です。


雨などに濡れてしまった時は、水分や汚れを抜くお手入れをしますが、その時に防水性も一緒に失われています。そのため、2週間に1度の頻度に関わらず、防水スプレーをかけることを忘れないようにしましょう。