長財布の素材表示にプラスチックが書かれていたら

プラスチック素材の長財布はお手入れ時の傷にも注意


長財布のタグを見ると、素材に合成皮革と書かれているものがあります。本革と書かれているものは天然皮革のことを言います。合成皮革はレザーと言われる素材の中に分類されますが、合成皮革は革製品ではありません。


合成皮革は、布をベースにして、その上に合成樹脂を塗って、表面を革のような雰囲気を出したもの、と言えます。合成樹脂にポリウレタン樹脂を使っているものは、プラスチック素材であると言えます。


この樹脂を表面に塗って型押しして、革の財布に似せた雰囲気は出していますが、革独特の臭いや手触りまでは再現できません。プラスチック素材の財布は、天然皮革のものに比べて水に強い特徴があります。その分お手入れは簡単ですが、プラスチック製なので傷に弱く、劣化も2~3年と早いです。

合成皮革素材でできた長財布は手頃な値段で市場によく出回っています。合成皮革と言っていますが、本革製品とは素材のでき方が異なります。合成皮革は、布地をベースにして、その上に合成樹脂を塗って、表面の雰囲気を革に似せた人工素材です。


布の上に塗られる合成樹脂がポリウレタン樹脂の場合、プラスチック素材であると言えます。プラスチック素材が用いられている財布は、見た目の雰囲気は革に似ていますが、革独特の臭いや手触りはありません。


プラスチック製の財布は、天然皮革に比べて水に強いのが特徴です。その分、お手入れも革に比べて気を遣わずにできます。弱性洗剤で洗ったり、ものによってはドライクリーニングに出すこともできます。


しかし、天然皮革と比べてプラスチック製の長財布は劣化が早いのが特徴です。傷が付いたり長く使っていると、基盤部分の布の繊維が表に出て来てしまうので、本革でないことが分かってしまいます。綺麗に長く使うためにも、お手入れの時も、傷をなるべく付けないように注意しましょう。