傷に丈夫なペッカリー革の財布に最適なアイテム

傷がつきにくいペッカリー革の財布には馬毛ブラシ


ペッカリーはアメリカイノシシやカピパラの一種であり、イノシシよりも一回り小さい動物です。ペッカリーの革は、ピッグスキンに似た三角形の毛穴が空いているのが特徴で、そのためか、野豚と呼ばれている時期もあったようです。


ペッカリー南北アメリカに棲息していて野生のものが捕獲されて革に加工されるため、散弾銃の傷跡が革に残っていることがあります。革は軽くて丈夫で通気性が良く、摩擦にも強くて傷がつきにくいという特徴があるので、財布や手帳、カードケース、高級手袋の素材として使われます。


他の革と比較しても、傷が付きにくい特徴があります。ペッカリー革の財布のお手入れは他の革素材の財布と同様に、柔らかくて乾いた布で汚れを拭いて馬毛ブラシでブラッシングすると良いです。

ペッカリー革の財布は、牛革など、他の革素材の財布と比べて強く、傷が付きにくいという利点があります。使われる頻度の高い財布や手帳、カードケースなどに用いられるのは、傷が付きにくい性質を生かしていると言えます。


傷は付きにくいですが、お手入れの仕方は、他の革の場合と同じです。柔らかい布を使って汚れを取り、馬毛ブラシを使ってブラシをかけます。汚れが酷い時は、固くしぼった布で拭き、その後馬毛ブラシでブラッシングします。


ペッカリー革の財布を使っているうちに革のしなやかさが失われたり雨などで濡れた時は、クリームや皮革用のオイルなどで保湿すると良いでしょう。その場合、いきなりクリームを塗らないで、最初は目立たないところでシミなどができないかどうかを確かめてから全体に塗るようにしましょう。


ペッカリー革は他の革と同様、水に濡れたり直射日光に弱い性質があるので、もし濡れた時はすぐに拭き取り、陰干しして乾かします。ペッカリー革の財布を長期保管する時は、傷が付かないように、ということもありますが、湿気から守るためにも不織布の袋に入れて中に除湿剤を入れておくと安心です。