新品財布の使い始めはなじませるよう意識して

財布を新品で買う時は使い始めの時期も意識してみよう


財布を新品で購入してすぐの、使い始めの時期にはどこか使いにくいことがあります。それはその財布が新品であるため、手になじんでいないからです。新品の財布を使いやすくするためには、とにかく慣れることが大切なこととなります。


使い始めの時期には、何度か手で触ってみるとか、なぜてみるなど、手でよくその財布をなじませるように工夫をします。こういったことは使い始めの時期だけで、その後しっくりとなじんできますので、気長に待つことも大切です。


ゆっくりと使いこなす気持ちで向き合います。好きで購入したものは、毎日使用するために購入したのですから、肌身離さずに持ち歩き、自分と一体化して大切にする気持ちでいると使いやすくなってきます。

新品の財布を購入し、使い始めの時期には、長く付き合った今までの財布とは感触が違うため、落としたり忘れたりといったミスに気をつけることです。その財布が自分のものとは思いにくい、使い始めの新品の時期には、そういったミスを起こしがちです。


こういったことはあってはならないことです。財布には大事なお金が入っていますので、なくすことや落とすことはしないように気をつけることが必要です。普通はすぐに慣れるのですが、使い始めの時期だけは、注意をすることが大切です。


出かける前や、外出先から帰る時など少し注意を働かせて、新品の財布は入っているかと気をつけることで、肌身離さず持ち歩くことができます。この注意で今までのものと同じように、様々な重要な役割を果たしてくれる存在となります。


使い始めは少し注意が必要ですが、新品のものは気分もよく、よい金運が開ける可能性もあります。大切にする気持ちを忘れずに、愛用することが必要です。