使う前の乾拭きで新品の長財布もお手入れしよう

新品の長財布は使う前に乾拭きしよう!汚れに強くなるための第一歩


気に入って買った新品の長財布。お手入れをきちんとして少しでも長持ちさせたいものですね。長持ちするかどうかは、使う前のお手入れから怠らないことが大切です。新品の長財布は、使う前に乾拭きしましょう。新品の時に使う前に乾拭きをしておくと、汚れが付きにくくなる効果もあります。


何故まだ使わないうちから乾拭きをするのかと言うと、革の表面を滑らかにするためです。革は繊維が交絡していることから目に見えない小さな凹凸があり、そのままでは汚れがその凹凸にこびりついてしまいます。


乾いた布で優しくなでるように拭くと、内側から油分が染み出して、革の表面をコーティングしてくれます。この効果で汚れが表面の凹凸にこびりつくのを防ぐのです。また、革独特の濡れたような光沢も、毎日拭き続けることで現れます。使用前から手入れを始めるとより美しい光沢となるでしょう。

新品の長財布を長持ちさせられるかどうかは、使う前もからお手入れをきちんとするかどうか、またお手入れの仕方によって変わって来ます。せっかく気に入って買った新品の財布、できるだけ長持ちさせられるようにしたいものですね。


新品の長財布は、使う前のお手入れを忘れずにすることが大切です。使う前に、乾いた柔らかい布で乾拭きをしましょう。乾拭きをすることによって、革についた埃を落とし、革にツヤを出すことができます。


乾拭きする時には、力を入れてごしごし磨かずに、優しく丁寧に磨きます。力を入れて磨くと、革に傷を付けてしまうこともあるため、注意が必要です。新品の長財布を使う前に磨いておくと、汚れだけではなく傷が付きにくくなるという利点があります。


乾拭きに使う布は、メガネ拭きなどの柔らかい生地か、身近なものだと男性の肌着のシャツの生地なども柔らかくて適しています。使い古したもので構いませんので、捨てずに取っておくと、革製品の手入れに使えますので重宝です。