複数の財布を使い分けて長持ちかつおしゃれに

財布も使い分けが基本?!複数ローテーションで長持ちさせる


財布といえどもファッションの一つのアイテムですから、いつも同じではなく、複数のローテーションで使い分けると目的が果たせます。


ビジネスに使う財布、遊びに使う財布、旅行にお伴する財布といった具合の使い分けで、しかもそれら目的に応じて形や色、材質の違うものなどを複数用意しておくと、この上ないおしゃれになります。


同時に、使った後は、目的によってはアウトドアとか、その他の理由で、どうしても湿気を帯びたリしますので、複数の使い分けが長持ちにもつながる副次的効果もあるというわけです。


ただ、沢山のものを管理することになるので、現金の入れ替えやカードの持ち歩きには、それなりの工夫をしないと、うっかりということになりますので、注意が必要になります。

財布はファッションの要素を考えると、目的・場所・用途などに応じて複数持っており、使い分けるといいのですが、それにはいくつかの注意が必要になります。


現金をたくさん持ち歩かなくても、いざというときにはカードで支払ったり、コンビニで引き出せたりする時代になりましたので、財布にたくさんお金を入れておく必要はなくなりましたから、使い分けに応じた複数の財布に、目的によって必要なお金の多さを用意して入れておくのが便利です。


お金を入れ替えるのは結構面倒なので、少しの余裕資金で使い分けに伴う面倒さを軽減できるといううわけです。でも、ポイントカードなどは複数の財布にそれぞれに用意するというわけにはいかないでしょうから、それらは複数用意するのではなく、まとめて一つにしておくのが賢明でしょう。


また、現金を引き出すためのカードも同様です。つまり、カード類は見せるアイテムでなく、困ったときのアイテムとしてひそかに用意しておくということです。


使い分けるための財布ですが、ビジネス用にはそれなり形とか色とかもあるし、遊びでも、ショッピングとアウトドアでは違うので、それぞれに特徴を持たせておくと便利ですし、楽しめます。