財布を痛めないでサビついた金具部分を手入れするコツ

財布の金具にできたサビを自宅処理で除去する方法


財布にはブランド品なども数多く用意されているアイテムになり、高価な品物として成立しているものも利用されています。大切なアイテムを長く使用することを目的としている方も多く、一定の手入れを行うことがおすすめになります。


そんな中、財布には金具が設置されているものがあり、サビが発生してしまうことがあります。不具合を防ぐためには使用後には柔らかい布などで綺麗に拭き取ることも良い方法になり、財布の金具にサビが付着しないように配慮することが何よりです。


万が一、不具合が起きてしまった場合では、素材を見極めて対処することが必要になりますが、この点に関しては一定の知識が必要とされる場合があり、特に金具のサビに関しては最適な方法を選択することが何よりです。

財布に留め具や飾り物として金具が取り付けられているタイプでは、劣化してしまうことによって、サビが発生してしまうことがあります。自宅での対処方法としては、手などで触れてしまった際には水分が付着してしまうことになるために、使用後には綺麗に掃除を行うことが必要です。


既に財布の金具にサビが付いてしまっている状態では、その素材を見極めることが先決です。例えばメッキ塗装が施されているタイプでは、専用の除去剤が販売されており、拭き上げることによって綺麗に保つこともできます。


金属の素材そのままで使用されているタイプでは、一般的な金具用のサビ取り剤を塗り込んで、一定時間を待ってから拭き取ることによって除去することも可能とされています。


また、財布の種類によっては、サビの状態が酷く進行している場合もあります。このケースでは金具部分に対して2000番程度の耐水ペーパを用いて磨き上げる方法でも綺麗に仕上げることは可能です。


ただし、表面に塗装などが施されている財布の場合では、塗装の落ちが発生してしまうために、注意が必要になります。