長持ちさせるには新品状態の長財布への詰め方が大事

長財布を新品で買った時の注意点!長持ちさせるような中身の詰め方


新品で長財布を買った時、せっかく気に入って買ったものなら長持ちさせたいですね。使い方やお手入れに気を配るかどうかで、気に入って買った長財布が長持ちするかどうかが変わって来ますので、長持ちさせる方法を知っておいて心がけたいものですね。


買ったばかりの新品の長財布にまず行うことと言ったら、中身の移し替えではないでしょうか。新品を買ったからと言って、すぐに前に持っていた財布から小銭やカードなどの中身を全て移すのはダメージを与えてしまいます。


小銭やカード類をいきなり大量に移し替えるのは控えましょう。この時に思い切ってカード類の整理を行うと何枚か減らせるのでおすすめです。使っていないものの処分もできて軽くなるので、買い替え後も定期的に行ってみてください。

新品で買ったお気に入りの長財布、少しでも長持ちさせるには購入直後の行動に注意しましょう。使い方や手入れの仕方を少し気をつけるだけで、長持ちするかどうかが変わって来ますので、気を配りたいところです。


買ってきたばかりの新品の長財布は、特に革製品の場合はまだ革が固くてなじみにくい状態にあります。その状態で、前に持っていた長財布から小銭やカード類を一気に移してしまうと、革に急激な負担がかかり、革が伸びてしまいます。


革は使っていくうちにだんだんと伸びてきて、なじみやすくなってきます。革の状態を見ながら、少しずつ小銭やカード類を移していくようにすると、長持ちすることに繋がります。


また、あまりに沢山の小銭やカードを新品の長財布に入れると、変形の原因になります。小銭やカードを沢山持ちたい人は、別に小銭入れやカード入れを持つようにすると良いでしょう。そうすることにより、新品の長財布への負担が少なくなり、より長持ちさせることができるようになります。