ヤギ革で作られた財布はシミ対策で長持ちさせる

シミに注意!高級財布でお馴染みのヤギ革


高級財布として有名なのが牛革や馬革ですが、それに並んでヤギ皮もあります。知名度は、前者2つに比べるとやや低いかもしれないのですが、高級ブランドでシリーズ化されていることもあり、根強い人気もあります。牛革に比べると、ヤギ皮の財布は薄くても強度を保てる点が特長である、高級ブランドなどでも使われている人気のレザーの一つです。


しかし、注意をしておかなければならない点としてシミがあります。ヤギ皮の財布は、触り心地がサラッとしているので扱いもしなやかでソフトなので、一度愛用されると再度、使いたくなるほどに人気がありますが、シミにならないためにちょっとしたお手入れを意識しておく必要があります。


薄い材質でありながらも、頑丈なレザーといわれているので、できるだけシミにならないようにお手入れの方法を紹介して行きます。

ヤギ皮の財布はゴートスキンと呼ばれ、なめし加工をされていますので、シミになりやすい場合もあります。そのため、通常のお手入れは、柔らかい布で乾拭きするだけで大丈夫です。


しかし、ヤギ皮の財布で汚れのひどい場合や2~3ヶ月に一度ぐらいの頻度で、水分を固く絞ったタオルで優しく拭くようにして下さい。これにより、シミを予防することができるようになります。また、その後に、ヤギ皮の財布は定番の皮革クリームを塗り込んでおきましょう。


財布にクリームを塗ることで、栄養を与えることもできますので、一晩おいてから馬毛ブラシで優しくブラッシングして整えておけばお手入れが完了です。


ヤギ革によってはシミや色の変化が起こる可能性もあるので、オイルやクリームを塗る前に、まず目立たないところで試し塗をするようにして下さい。これで問題がないのを確認してからお手入れを進めて行きましょう。


また、ヤギ革の財布も他の革製品と同様に水や湿気、直射日光、高温には弱い点がありますので、もし、水に濡れた場合は、すぐに拭き取ってから風通しのよい場所で陰干しして保管しましょう。シミの原因を無くすことにも役立ちます。