財布にファーが付いている時におすすめのお手入れ

ファー付き財布のお手入れは毎日の埃とりが大事


ファーを使用した財布は手触りが良く、質感の特徴が表面に出るタイプのアイテムです。ぬいぐるみにも使われる素材ですから、日頃のお手入れが大切で、埃を溜め込まない取り扱い方を心掛けます。


布地や本革、合皮と共に財布にファーが採用されますが、それぞれお手入れ方法は異なるので、性質の違いを把握することが大切です。一般的に、ファーは水分に弱い性質がありますし、汚れを吸い込み埃と馴染み易い性質なので、小まめに取り除く習慣が長持ちに繋がります。


財布を出し入れする時に、軽く手でファーを撫でるだけでも、大まかな汚れをはらい落とすお手入れになります。内部に埃が入り込んだ場合は、柔らかいブラシで掻きだすお手入れが、毛並みを整え財布を綺麗に保つ方法です。

日頃のお手入れは、ぬいぐるみと同様にファーの埃を取り除き、財布を綺麗な状態に保つことです。粘着テープを使えば、簡単にまとめて埃を取ることは可能ですが、ファーを引き抜いたり傷める原因になるので、可能な限り使用しないことが大切です。


どうしても使用するのなら、粘着力が弱いテープが、お手入れでファーを傷め難い無難な選択肢です。また、財布なので普段はポケットやバッグに収められますが、油断して落としてしまったり、汚れが付着する可能性はあります。


もしファーを使用した製品が汚れた場合は、固く絞ったタオルなどで吸い取り、ダメージを広げないことがお手入れの基本です。財布は洋服とは違い、洗濯で丸ごと洗うのは困難ですし、ファーが汚れても水洗いは不可能ですから、入念なお手入れで対処する知識が役立ちます。


埃を溜め込まなければ、汚れを吸着し難くする効果に繋がるので、大切な財布を長く綺麗に保ちます。同時に臭いやカビの被害を防ぎます。