財布のオイル塗りお手入れをオットセイ革にするなら

オットセイ革の財布にオイルを使う場合のおすすめ方法


革の財布というと、普通は牛革やヤギ革などが思い浮かびますが、オットセイ革の財布もあります。オットセイ革の表面は頭のほうから尾にかけて波打つようなシワがあり個性的で存在感があり、厚みがあって丈夫という特徴もあります。


持っている人は少なく、希少価値のあるオットセイ革の財布ですから、お手入れにも気を使い、長く大切に使いたいものです。日常の基本のお手入れとしては、汚れたと感じたら、柔らかい布で乾拭きとブラッシングが最適です。


それでも長く使ううちに革の表面が乾燥したと感じたら、オイルを使ったお手入れがおすすめです。革にオイルを与えて革を柔軟にし、革のわれを防止します。財布の状態を見ながら、毎日の手入れのほかにオイルを使ってメンテナンスをすることが長持ちさせる秘訣です。

大切なオットセイ革の財布のメンテナンスに使うオイルは何を使えばいいのか迷います。なんといっても大切な財布です。オイル選びには気を使いたいものです。オリーブオイルなどの食用油は絶対に使ってはいけません。シミになってしまい、財布に深刻なダメージを与えてしまいます。


購入先でメンテナンスについてアドバイスを受けるのがベストです。オットセイ革用のオイルを使い、 薄くのばして柔らかい布で優しく拭きあげます。柔軟さと艶が増し、オットセイ革本来の革の特徴がよみがえり、手にとるとしっくりとなじみます。


また使う前にシミや色の変化が起こる場合もあるので、オイルを塗る前に、まず目立たない部分で試して問題がないのを確認してからメンテナンスすることも忘れないようにしましょう。


せっかく手に入れたオットセイ革の財布を愛着を持って長く使うように日頃のお手入れには気を使いたいものです。保管の際は他の革と同様に水、湿気、直射日光、高温には大変弱いので、風通しのよい場所で保管しましょう。