財布の表示がメンテナンス不要でもすべきこと

メンテナンス不要の表示がある財布でもお手入れは必須な理由


本革製品は、独特の風合いと使い込めば使い込む程味が出てくるのが良さの秘訣です。ですが、長く持たせようとすると、お手入れが欠かせません。革製品のお手入れは面倒だと感じたり、どのようにお手入れすれば良いのか難しいと感じる人もいますね。


そんな人におすすめなのが、メンテナンスが不要という表示のある財布です。革財布なのにメンテナンスが不要という表示がある秘密は、革に沢山のオイルを手作業で塗り込んであるためです。


普通の革は使っているうちにオイルが抜けてくるので補ってやることが必要ですが、このタイプの表示がされている財布は、毎日使うことがメンテナンスになります。だからといって何もしなくて良い訳ではなく、お手入れはやはり必要です。それには訳があります。

本革財布は、独特の風合いが持ち味で、使い込めば使い込む程味が出て来るのが良いところです。その良さを引き出すためには普段のお手入れが欠かせません。お手入れをさぼるとカビが生えたり品質が固くなったり、ひび割れたり、様々なトラブルが生じます。


お手入れが面倒、お手入れの仕方が分からないという方に人気なのが、メンテナンス不要の表示がなされた革財布です。革財布なのにメンテナンス不要の表示がなされているのは、革に大量のオイルが手作業により塗り込まれているためです。


革製品は、大事に寝かせておくのではなく、使ってやることがその魅力を引き出す最大のポイントでもあります。メンテナンス不要の表示がされている財布は、毎日使ってやることがメンテナンスになります。


とはいえ、まったく何もしなくて良いかというと、そうではありません。革製品は水に弱いという特徴があり、メンテナンス不要の表示がある財布でもそれは同じです。そのため、時々埃を払ってやったり、雨にかかっても水がしみこまないように防水スプレーをかけてやることは必要になります。