長財布の軽い汚れは拭くよりも吹く方が素材に優しい

長財布の汚れは拭く前にまず息をふきかけて落としてみよう


財布は毎日使う物なので、どんな物であっても愛着があったり、お気に入りの物であればなおさら、なるべく長い間使いたいと考える人は多いです。そのため、日々の手入れは非常に重要なことになります。


長財布に付着した汚れはどんな素材の物であっても、拭く前に一度息を吹きかけてみるのが大切とされます。これは、財布がデリケートな素材であればなおさらですが、汚れを拭く際に、強くこすったりしてしまうと、素材が傷ついてしまう可能性があります。


ほかにも、汚れがさらに広がったり、起毛素材であれば毛羽立ってしまったりということもあるので、そういったことが無いように汚れを拭く前には、一度息をふきかけることが大切だと言えるのです。

長財布というのは、毎日手に触れる物なので、非常に汚れがつきやすいアイテムと言えます。そのため、できるだけ毎日手入れをしてあげたり、定期的なメンテナンスをする必要があります。特に、汚れが付いた際には、布などで拭く前に息をふきかけることが重要です。


これは、財布の素材によっては、拭く際の布によって小さな傷がついてしまったり、毛羽立ってしまったりして、寿命が短くなってしまう可能性があるからです。息をふきかけるだけで汚れが全部落ちてしまえば良いですが、目に見えないホコリなどが付いていることもあります。


そのため、優しく布などで長財布を拭くことが大切です。革製品などは水気が厳禁なので、よく乾いた布を使用しましょう。場合によっては、クリーナーなどを使用することで汚れや傷を目立たなくすることもできます。


どんな素材の長財布であっても、拭く前に息をふきかけてあらかじめ汚れやホコリを落としておくことで、手入れがスムーズになると言えます。