外貨用の財布を用意するならお札のサイズや量に注意

外貨専用財布は必要?お札の整理術のコツ


お財布というのは、その人の人がらなどを表すと言われることもあるほどに、個性を出せるものです。いつもクレジットカードを使って支払いをするという人にとっては、大きなお財布は必要が無いかもしれませんし、現金払いの人には小銭入れなども使い易くなっているタイプが良いのです。


海外によく行く人の場合には、外貨を入れることを念頭に置いて、外貨やお札のサイズに合ったものを買うと良いでしょう。外貨と一口に言っても、国によって様々なタイプのお札のサイズがあったりするので、お札の幅や長さを考慮してそれが入るタイプの長財布を購入すると便利です。


気に入ったお財布が見付かったら、しっかりとお手入れをして長く使えるようにしたいものです。

お財布のお手入れの仕方は使われている素材によっても様々ですが、牛皮や羊など天然の本革でできたもお財布の場合には、乾いた柔らかい布で優しく拭き取ることがメインになります。


外貨を入れる場合には、コインを入れ過ぎて小銭入れの部分が膨らんでしまったり、傷がついたりしてしまいがちなので、気がついたら帰宅した時に外貨を出してスッキリとさせましょう。お札も入れ過ぎてパンパンになっていると、だんだんとお財布の形が崩れてきてしまいます。


お札は別にお札専用のクリップでとめて保管をすることもおすすめです。外貨によっては、日本とは物価が違ったり外貨の価値が違ったりすることがあるので、お財布に沢山のお札を入れておかないと買い物ができないということもあります。


そのような場合に現金を持ち歩くのもセキュリティ面で不安だという人は、小銭専用のものを購入して、高いものは小切手やクレジットカードでお買い物をすることで安心できます。万が一盗難に遭っても、保障をして貰えるからです。