長財布の素材をきちんと知って革に合ったメンテナンス

本革と合皮で変わる長財布の素材別お手入れ方法


長財布に限らず、本革製、合皮製でお手入れの方法が変わります。まず、合皮製についてですが、合皮は本革製に比べ耐用年数が短い素材です。特に長財布は使用頻度が高いため消耗品としてとらえた方がいいです。


しかし、お手入れが手軽なので重宝されますし、しっかり管理することで耐用年数を増やすことができます。まず気を付けるポイントですが合皮という素材は科学的に作られているため紫外線に弱い特徴があります。そのため、直射日光に当たらない場所で保管することが望ましいです。


また、使用しないときは財布からカード等を抜き、形を整える必要があります。次に本革製ですが、普段のお手入れは乾いた布で軽くふく程度で大丈夫です。


しかし、定期的にワックス等でメンテナンスを行う必要があります。本革という素材は製造の過程で油分を添加しており、定期的に補う必要があります。

具体的な方法ですが、まず合皮製の財布です。この素材は紫外線に弱いため直射日光の当たらない場所に保管します。また、通気性の良い場所を選ぶことも重要です。湿度の高い所、湿気のこもる所は素材の劣化を早めます。


さらに、樹脂素材によっては長期間同じ形にしておくことで樹脂同士が密着してしますこともあります。そのため、長財布を使用しないときは中身を抜くこと、そして定期的に使用することが大切です。


次に本革製の長財布ですが、普段は乾いた布で表面を軽く拭くだけで大丈夫です。革内の油分が表面にしみだし長財布に光沢感が戻り、さらに防水効果も得られます。また、日光に当てることでも油分が活性化し防水効果を得ることができます。


これだけですとお手軽に見えますが、やってはいけないこともあります。一つはシンナー等の溶剤を使うことです。そして、ワックスやクリームは財布の色にあった物を使用しなければなりません。そして、いきなり革全体に塗らず、目立たないところであらかじめ色落ち等のテストが必要です。


また、革が濡れた時はドライヤー等を使わず風通しの良い所で陰干しします。そうすることで素材が硬化することを防ぐことができます。