こだわり抜いて作られた男性用長財布

ライフスタイルを「粋」に変えるDanZy

「粋」という言葉から、みなさんはどんなイメージが膨らみますか?

かっこいい、おしゃれ、色気がある、大人びているなど、素敵なワードがどんどん連想されます。
「粋」とは、江戸から息づく日本の精神です。
DanZyの革小物には、日本独特の「粋」の美学が込められています。
こだわりをもって作られるDanZyの商品は、使用する人のライフスタイルまでも粋に変える力をもったアイテムになっています。
センスがよく、無駄のないアイテムを使いこなすことこそ、粋な男性への第一歩となるのです。

様々なシーンで使いやすい長財布

DanZyの財布は、とてもシンプルにデザインされています。
ビジネスシーンではスーツに似合う革小物として、プライベートでは様々なファッションに合わせやすい万能アイテムとしてお使いください。
男性が使用する財布は、よく人から見られています。
どんなシーンでも、DanZyの財布はあなたを引き立ててくれます。

 

 

豊富なカラーバリエーション

 

イタリアンバケッタレザーの生地

 

商品ごとに、複数のカラーバリエーションが揃っています。
ふとポケットから取り出したときに「おしゃれだな」と思ってもらえる色の財布を選びましょう。
何気ない一瞬から、人の印象は決まってくるものです。
洋服と財布のコーディネートまで考えることができれば、ファッションの幅は大きく広がります。

 

 

ファッション全体のシルエットを保つ薄さ

 

スーツの内ポケットに入れられる長財布

 

DanZyの財布の大きな特徴の一つとして挙げられるのが、薄さです。
粋な男性は、必要以上に大きな荷物は持ち歩きません。
バッグの中に入れても場所を取らないので、荷物がすっきりします。

スーツを着る男性にとって、長財布の薄さは非常に重要です。
パンパンに膨らんだ財布で胸元が盛り上がってしまっては、せっかくのスーツ姿が台無しになってしまいます。
内ポケットに入れてもシルエットを崩すことのないDanZyの長財布を使用して、スーツをかっこよく着こなしましょう。

 

 

収納力の高い小銭入れ部分

 

長財布の内装

 

ラウンド型長財布は、小銭入れ部分にファスナーが付いていないつくりになっています。
これによって、際立った薄さが実現しているというわけです。
もちろん、ただ薄いフォルムになっているということではありません。
財布が膨らむことなく、30枚以上の硬貨を収納することが可能です。
小銭が多くなっていると感じるときには、財布のファスナーを閉めて2、3回振ってみましょう。
財布の中で一点に集まった小銭が広がり、型崩れを防ぐことにもなります。

 

 

手に持ちやすい厚み

 

手に持たれた長財布

 

薄さの際立ったDanZyの長財布ですが、持ったときに手のひらに収まりやすい厚みを考慮して作られています。
持ったときにしっくりくるという感覚は、財布との相性の良さを感じるポイントになります。
手にフィットして持ちやすいので、ほとんど毎日使用する財布を気持ちよく使っていくことができます。

バイヤーによって厳選された革

レザーの長財布

 

粋な男性へと引き立たせるアイテムとして使うため、DanZyは素材に強いこだわりを持っています。
バイヤーによって厳選されたブリティッシュブライドルレザー、イタリアンバケッタレザー、ジャパニーズパラフィンレザー、フルタンニンイタリアンレザーの4種類の革がDanZyの財布に使われている代表的な革です。
製法に違いがあるため、使い続ける中で、それぞれ特有の魅力が生まれます。
特徴を理解して、自分好みの革を選びましょう。

いずれの革も国内外のタンナーでタンニンなめしがなされています。
タンニンなめしされた革は、使い込むことによる経年変化で、革の風合いを楽しむことができます。

 

 

DanZy「ブリティッシュブライドルレザー ラウンド型長財布(ブラック)」

 

黒色の長財布

 

DanZyの長財布は、革ごとにそれぞれ、外側にファスナーの付いているラウンド型のものと、外側にファスナーの付いていない小銭入れ付きのものがあります。
こちらはブリティッシュブライドルレザーのラウンド型長財布です。
一般的なラウンド型長財布は、厚みがでるためポケットに入れにくいと言われますが、前述の通り、薄さを追求して作られているため、その心配はありません。
中身が落ちるのを不安に感じる人には、外側にファスナーが付いているため安心して使用できます。

 

 

トーマスウェア社のロゴ

 

こちらの長財布には、トーマスウェア社で作られた革が使われています。
1840年から続く、世界的にも評価の高いイギリスの老舗タンナーです。
牛の肩の部分の皮が使われ、ロウを染み込ませてあるため、耐久性の高い革になっています。
使用を続けるうちに、浮き出てくる白い粉がゆっくりと落ちていき、光沢のある艶が出てきます。

 

 

DanZy「イタリアンバケッタレザー ラウンド型長財布(ターコイズブルー)」

 

ターコイズブルー色の長財布

 

こちらはイタリアンバケッタレザーのラウンド型長財布です。
イタリアの伝統的な製革法である、バケッタ製法で作られています。
タンニンなめしの後に、牛の脚から抽出した脂を漬け込んで作られています。
使っていくうちに、色の深まりと艶を感じることができます。

 

 

DanZy「ジャパニーズパラフィンレザー 小銭入れ付き長財布(キャメル)」

 

キャメル色の長財布

 

こちらはジャパニーズパラフィンレザーの小銭入れ付き長財布です。
ラウンド型長財布の小銭入れ部分にはファスナーが付いていないと前述しました。
外側にファスナーの付いていないタイプの長財布は、ラウンド型のものと比べ厚さが気にならないと言われます。
そのため、小銭入れ部分にはファスナーが付いたつくりになっていますので、小銭が落ちる心配はありません。

こちらの長財布には、日本のタンナーによって作られた革が使用されています。
ブライドルレザーと同様に、ロウ引きされているため丈夫です。
使うほどに色が深まり、味が出てきます。

 

 

DanZy「フルタンニンイタリアンレザー 小銭入れ付き長財布(キャメル)」

 

キャメル色の長財布

 

こちらは、フルタンニンイタリアンレザーの小銭入れ付き長財布です。
上のジャパニーズパラフィンレザーと同じキャメル色ですが、革による色と質感の違いがはっきりと分かります。
使う中で革がだんだんと手に馴染み、艶が出てきます。

どの革も、使い続けることで味が増していくものになっています。
DanZyの財布作りへのこだわりは、使用する中で実感できます。

革の成長とともに、粋な男性への階段を登っていきましょう。