5万円~10万円の長財布

5万円~10万円のメンズ長財布

ホワイトハウスコックス/ロングジップウォレット

素材 ワンウェイ・ボックスカーフ(牛革) 価格 56,160円(税込)
最高級グレードのカーフを原皮に使用し、ハーフベジタブルタンニング・フィニッシュでなめすことにより、ソフトな風合いに。片方向にのみ模様を入れたワンウェイ・ボックスカーフが特徴的で、エイジングを十分に楽しむことができます。

フェリージ/ウォレット

素材 エンボスレザー(クロコ型押し) 価格 61,560円(税込)
クロコ型押しウォレット。スナップボタンで開閉する内部には、札入れ3室、フラップ部分にカード入れがついており、背面には大きなポケットやマチが広めのファスナー小銭入れなど、スリムなのに大容量の収納を実現しています。

ココマイスター/ジョージブライドル・ロイヤルウォレット

素材 ブライドルレザー 価格 50,000円(税込)
滑らかな肌触りと圧倒的な強度で人気の高い高級革ブライドルレザー。そのブライドルレザーを内側にも外側にも使用した贅沢なメンズ長財布です。その上質な外見はスーツスタイルの格上げ効果抜群。ビジネスシーンに映えるメンズ長財布です。

5万円~10万円のメンズ長財布の特徴

5万円~10万円のメンズ長財布を選ぶ5万円~10万円のメンズ長財布は、ハイブランドのメンズ長財布としては一般的な価格でしょう。

ハイブランドよりも一回り価格帯が低いブランドでは、5万円以上のメンズ長財布はこだわりぬいた逸品だといえます。高級な皮革を使用し、内部にも贅沢に皮革を使っている場合が多く、皮革メンズ長財布が好きな方にはたまらないアイテム揃いの価格帯です。機能性も非常に豊かで、各ブランドそれぞれの特徴を楽しむことができるでしょう。

価格で決める前に押さえておきたいポイント

5万円~10万円のメンズ長財布となると、高級品揃いのイメージが強いのですが、5万円以上するからといって全てが上質なものだと思い込むのは危険です。高級な皮革は使用しているものの、作りが甘いものがないとは言いきれません。

また、同じ革のグレードで同じような作りなのに、ブランドによって価格に大きな差が出ることは多々あります。ブランドネームで価格が上乗せされていることも考えられるので、値段にまどわされずしっかりと作りと革のグレードを確かめるようにしましょう。

>>価格で財布を決める際にチェックしたいポイントはこちら