1万円~2万円の長財布

1万円~2万円のメンズ長財布

Danzy/小銭入れ付きメンズ長財布

素材 フルタンニンイタリアンレザー 価格 8,640円(税込)
植物性フルタンニンなめしを施したイタリアンレザーを厳選して作られています。レザーの質を担保しながらも低価格なのは、製造元であるタイでレザーを直輸入しているため。また、Danzy財布の大きな魅力がその薄さ。小銭入れのファスナーを無くすことでスマートなフォルムを実現しています。

1万円~2万円のメンズ長財布の特徴

ビジネスシーンにもカジュアルにも使える財布

日本で販売されているメンズ向けの革長財布の中では、1万円~2万円のものは安い部類に入り、若い人でも手が出せるちょっとリッチな長財布といった印象があります。1万円以下のもの比べて、革のグレードは上がりますが作りの甘さが目立つものもあるので選ぶ際には注意が必要です。

飾りがつくとそれだけ価格も上がってしまうため1〜2万円のメンズ長財布はシンプルなつくりのものが多いのも特長です。デザインがシンプルなものはビジネスシーンにもカジュアルにも使えるため重宝しますが、長く使うためには長財布としての作りや革のグレードを意識しておかなければなりません。

シンプルなものほど、細かい部分での作りの甘さが目立ちやすくなります。縫製のきめ細やかさや革のコバ処理などの「作りの良さ」は1〜2万円の財布でも感じられるものはあります。有名ブランドのものであれば、ある程度の質は保証されますが、有名なブランドでは2万円以下のメンズ長財布を扱っていることはごく稀です。ブランドにこだわって選ぼうとすると、1〜2万円でのメンズ長財布の購入はとても難しいといえます。
有名ブランドでなくとも、1〜2万円の価格帯でこだわりぬかれた良質なアイテムもあります。じっくりと「お買い得品」を探してみましょう。

>>作り方で選ぶポイントはこちら

1〜2万円のメンズ長財布の賢い選び方

1〜2万円という革のメンズ長財布としては安いものを選ぶときでも、「作りの良さ」と「革のグレード」は必ず確認するようにしましょう。価格を見て決めるのではなく、財布自体の質の良し悪しをチェックすることが賢い選び方だといえます。

この価格帯のメンズ長財布の中には、素材にはこだわっているのに作りが粗悪なものがあります。どんなにいい革を使っていても作りが悪ければ長く愛用できず、すぐに買い替えることになりかねません。「上質な革」だけにこだわるのではなく、作りの良さや製造工程も確かめると失敗を避けられるでしょう。

作りの良さは革の切れ端部分であるコバの処理方法や縫製に表れます。実際に流財布を手にとって触ったときに、切れ端部分がざらつかずツルツルとしていたらコバがきちんと処理されている証拠です。また、縫製の丁寧さは緩んでいる部分はないか角の縫い目がキレイかで判断することができます。
細かい部分の確認を怠らないことが質の高いメンズ長財布を購入するためのポイントです。

おすすめブランドは「Danzy」

1万円以下で購入できるメンズ長財布を多く摂り揃える「Danzy」。

Danzyは、「革のグレード」「作りの良さ」「価格」と、男性に好まれる「薄さ」すべてのポイントを満たします。ブライドルレザーという高級革を使いながら、価格を抑えられているのは、タイでレザーを直輸入しているから。日本人技術者が現地で直接製造の指導を行っているため、作りの良さにも定評があります。

>>男性から人気!Danzyブランドメンズ長財布