60代の長財布

ご自分のライフスタイルに合ったアイテムを

60代の財布選び60代というと、定義上「年配者」と言わる年代で、一昔前までは老後に向けて準備を始める方がほとんどでした。しかし現代の60代はまだまだ若々しく、60代から勉強を始めて大学入学を果たした方や、三度目の再婚をするような方もいるほどです。仕事が定年退職となり、新たなものにチャレンジしようとしている方も多いのではないでしょうか。

60代のメンズ長財布また、職場では強面の上司でも、ようやく丸みを帯びて、いいお父さん、おじいちゃんになっている方もいるかもしれません。

60代になったら、徹底的にご自分の好みのメンズ長財布を探してみましょう。30代や40代のように、周りの目を気にして財布を選ぶ必要がない方が大半でしょう。しっかり選ぶことでより愛着がわくはずですから、一生使えるような財布をじっくりと選んでみるのはいかがでしょうか。

選ぶ前にチェックするポイント

自分好みの財布を探す際、気に入ったブランドやカラー、デザインを探す前に押さえておきたいポイントがあります。以下でそれを紹介します。

革のグレード

まずは、革の種類やグレードです。革とひとくちにいってもその種類はさまざまで、種類によってもグレードが異なります。経年変化を楽しめるものから、新品同様の輝きを長年保ち続ける革もあります。どのような革が好みかは人それぞれですが、まずは革の種類とグレードを知り、自分に合ったものを選びましょう。

>>革のグレード・種類をみる

薄さ

小銭を入れるとかさばるからと、札入れと小銭入れを分けて持っている方もいるのでは?最近では、小銭やカードを多く収納しても薄さを担保できる工夫されたつくりの財布も登場しています。

>>薄さに優れた財布をみる

つくり

作りの良さは大変重要です。革が高級品でも、作りが粗悪だったら意味がありません。ある程度年月を経ても型崩れしない財布を見つけるには、どのような部分をチェックすればよいのでしょうか。そのポイントを紹介します。

>>つくりのチェックポイントをみる

価格

そして最後に検討材料にしたいのが、価格です。ブランドごとに価格に大きな差がありますが、同じ革と同じ作りだったら、安いにこしたことはありませんよね。ブランドネームよりも質にこだわることをおすすめします。

>>価格に優れた財布をみる