30代の長財布

30代のライフスタイルからぴったりのメンズ長財布を選ぼう

30代の財布選び30代の男性は、職場でも責任ある仕事やポストを任される年代です。部下もでき、食事ではおごる機会も増えてきたのではないでしょうか?とはいえ、まだまだ上司や取引先の目も気になる年代でもあります。

30代のメンズ長財布20代に比べると高級なアイテムを購入する方も増えている反面、カラーは20代同様ブラックやブラウンが人気を集めています。

20代の頃やオシャレでリーズナブルなものを求める方が多かったのですが、30代になるとデザインよりも、機能性を重視する方が多いようです。小銭入れと分けられるスマートな札入れを選ぶ方も。現金よりもカードを使うことが多くなるようで、カードがたっぷり入り、出し入れがスムーズにできるようなアイテムが人気です。

メンズ長財布を選ぶ前に必ず確認したいこと

財布は、名刺入れほどはビジネスシーンで活躍するものではないため、基本的には気に入ったものを選んでいいでしょう。しかし、長く愛着の持てるメンズ長財布を求めるのであれば、以下の4つのポイントはぜひおさえておきましょう。

革のグレード

皮革といってもその種類は様々で、牛、馬、羊、豚、ワニなど種類によって見た目も肌触りも大きく異なります。強度も革によって異なりますので、長く使い続けたい場合は、ブライドルレザーやコードバンなど強度の強いしっかりした革を使用している財布がおすすめです。

>>革のグレードで選ぶメンズ長財布

財布の薄さ

若いうちはパンパンに膨らんだ財布もご愛嬌ですが、30代にもなると、だらしなさの現れになってしまいます。しかし、カードや小銭が増えるとどうしても財布はかさばってしまうもの。回避するには、財布自体が薄く作られているものを選びましょう。

>>薄さで選ぶメンズ長財布

財布のつくり

高級ブランドの財布でも型くずれしやすいものもあります。せっかく購入した財布ですからできるだけ長く使いたいもの。選ぶ際は、財布のつくりがしっかりしているかどうかも必ず確認しましょう。

>>つくりで選ぶメンズ長財布

財布の価格

最後の決め手になるのが財布の価格です。同等のグレード、質のものをいくつかピックアップしたら、その中から最も安いものを選ぶのが賢い選択です。最近では、皮の輸入や製造工程を工夫して、質を保ちながらも価格を抑えている財布も多くあります。

>>価格で選ぶメンズ長財布

「キャリアに合ったグレードの財布がほしい!」~30代男性体験記

これまで若者向けブランドのメンズ長財布を使ってきましたが、30代に入り後輩も増えてきて、そろそろ若者向け財布も恥ずかしくなってきました。
そこで、30代の自分のキャリアに見合ったグレードの革財布に買い替えることを決意。後輩の手前「違いがわかる男」を見せつけるためにも、じっくりと時間をかけてベストなものを選ぼうと思っていました。

しかしブランドが多すぎて、なかなか決めることができません。ブランドだけにこだわらず、革の専門店も視野に入れて探したほうがいいという話も聞き、余計に悩みが深まってしまいました。

そこで、まずはどのようなポイントをチェックするべきなのかを整理することから始めてみました。私の理想系は、「違いのわかる男」らしく、大前提はいい革を使っていて作りにもこだわったもの。そして、スーツに合わせたスマートさも大事だと考えたため、薄さも重視したいとポイントを3つに絞って考えることにしました。

違いがわかる男に!30代男性のメンズ長財布選び3つのポイント

まずは革の種類から

高級感、品の良さをアピールできる財布といえばやっぱり革財布。しかし革にもさまざまな種類があるので、それぞれの質や特徴を把握して自分好みの財布を選ばなければいけません。
基本的に革の種類は、何の革なのかで選ぶことができます。天然皮革であることはもちろん、馬なのか牛なのかそれとも爬虫類なのかで大別されています。ここは好みがハッキリでるところなので、どれがいいのかをよく考えておきたいところです。

革の種類だけではなく、その中でのグレードもしっかり意識しておく必要があります。牛革ならブライドルレザーやカーフ、馬革ならコードバンといったグレードの高い革をセレクトできるかどうかでいい財布選びができるかどうかがかかってきます。
革の種類やグレードを決めることでブランドも絞りやすくなります。

>>革の種類、グレードで選ぶ

薄さは絶対条件

カードなどを多く持つようになる30代は財布も分厚くなりがちです。でも分厚い財布は使い心地も悪いうえに見た目にもよくなく、財布の「薄さ」にこだわる男性は増えてきています。かくいう私自身もカードを減らしたり小銭をなるべく増やさないようレジで気をつけたりする度に財布自体を薄いものにしたいと思い続けてきました。

薄い財布にするには長札入れにして、小銭入れやカード入れは別に持たなければいけないかと思っていたため諦めていました。しかし、今はブランドもそんなニーズに応えるべく、さまざまな工夫をこらして薄い財布を実現していることがわかってきました。

でもただ薄くしているからと選んでしまってはいけません。そこはやはり「違いのわかる男」としてデザインもかっこいいものでなければなりません。薄い財布のデザインはシンプルなものが多いため、どれを選んでも問題なさそうではありますが、自分らしさを表現できるものはないのかじっくり検討する必要がありそうです。

>>財布の薄さで選ぶ

作りは必ず確認

高級ブランドのネームバリューにごまかされて高い財布を買ったのに、使っているうちに作りの悪さが目立ってきてしまうものもあります。スタイリッシュに使いこなせるかどうかは作りの良さに関係してきます。
少し勇気を出して買うくらいの価格帯の財布の購入を検討しているので、やはりすぐに買い替えが必要になるものは避けたいですし、買い替えを惜しんでボロボロの格好悪い財布を使うことになるのも嫌です。

30代の「違いのわかる男」としては、すぐに飽きてしまったり壊れてしまったりするものではなく、長く使えることも大切な要素となります。
しっかり見極めるためにはいくつかのチェックポイントがあり、それを知っているかどうかで本当にいい長財布を購入できるかどうかが決まります。作りの良さをきちんと見抜いていい財布を選び取ることも、財布選びのマストポイントです。

>>財布を作りで選ぶ

pickup

低価格でも高品質!価格で決めるブランドメンズ長財布

danzy
Danzy
高級革であるブライドルレザーを使用しながらも、レザーの輸入に工夫することで低価格を実現。
革財布初心者にもおすすめ。