エッティンガー

エッティンガーってどんなブランド?

人気財布ブランド「エッティンガー」

エッティンガーは、1934年にロンドンで創業されました。当時手掛けたレザーグッズが評判をよび、ハロッズやフォートナム&メイソン、バーニーズ・ニューヨークといった名だたる有名店から財布や名刺入れなどのレザーグッズのオーダーを受注し、英国紳士に愛されるレザーブランドへと成長を遂げました。ロンドンやニューヨークでは、HAND MADE IN ENGLANDの刻印が紳士の証しとなったほど。

そして1996年、長年の仕事とその質が認められ、英国王室御用達(ロイヤル・ワラント)の栄誉を授かりました。そして2000年にギフトオブザイヤーも受賞。日本にも1999年から本格的に進出しています。主要なラインナップのひとつである「ロイヤルコレクション」は、実は日本からの提案で作られたコレクション。このコレクションでは英国らしい品格を備えているメーカーにのみ使用が許可されるロイヤルパープルが使われています。紳士の国が生んだ品格とこだわりが詰まった誇り高きレザーブランド「エッティンガー」。その中でもおすすめの長財布を見てみましょう。

ロイヤル・ワラントとは?

ロイヤル・ワラント(Royal Warrant)とは、英国王室御用達の企業やブランドなどに与えられる栄誉のことです。日本においても、洋服や食器のブランドであったり老舗和菓子店であったりを「皇室御用達」と表現することが多々ありますが、その意味合いは大きく異なります。というのも、日本の皇室御用達はあくまでも「皇族のお気に入り」といった程度の意味であり慣例的なものでしかありませんが、ロイヤル・ワラントの場合は王室が公式に認定するものだからです。ロイヤル・ワラントを認定できるのは、現在ではエリザベス2世女王、エディンバラ公フィリップ、チャールズ皇太子の3人のみとなっています。そして、その3人それぞれが個別の紋章を持っており、認定されたブランドはその紋章を堂々と掲げることが許されています。ロイヤル・ワラントに認定されているということは、いわば高い品質と格式を兼ね備えたブランドだと公的に保証されたということ。どんな雑誌や専門家の口コミよりも、いちばん信頼できる評価だといえるでしょう。

エッティンガーの人気メンズ長財布

L86 WALLET

素材 ブラック・カーフ 価格 38,880円(税込)
エッティンガーの代表的モデル。ブラックのカーフが、風格を感じさせます。キメが細かく、指通りなめらかなブラック・カーフを使用していることで、柔らかく高級感溢れるアイテムとなっています。メインの札入れのほか、サブの札入れが左右に3つ、カードポケットが10と収納面も優秀です。

R86 WALLET

素材 ブラック・カーフ 価格 39,960円(税込)
チャールズ皇太子の60歳の誕生日に合わせ、英国王室とはじめてコラボレーションした「ROYAL COLLECTION」のメンズ長財布。内側のロイヤルパープルが鮮やかです。メインの札入れに加え、サブの札入れが左右に3つ、カードポケットは8つ。元英国首相のトニー・ブレア氏も愛用。

ST086 WALLET

素材 カーフ 価格 43,200円(税込)
ポンド紙幣のカラーリングにちなんだ、色鮮やかな長財布のシリーズです。財布内側のカラーバリエーションは、ターコイズブルー、オレンジ、レッドの3色を用意。色鮮やかなのに決して派手にはならないその風合いは、さすがロイヤル・ワラント認定のエッティンガーならではの上品さといえるでしょう。さりげないオシャレを楽しみたい人にぜひ。

BH953AE LONG WALLET WITH ZIP

素材 ブライドルレザー 価格 42,120円(税込)
上品さと利便性とを兼ね備えた、小銭入れ付きの長財布です。ジッパーがついているとどうしても安っぽい印象になりがちですが、高貴さを失うことなく絶妙なバランスでジッパーも馴染んでいるのがエッティンガーの真髄といえます。6枚分のカードポケットのほか、領収書などを収納できるポケットも用意されているのが嬉しい配慮です。

OH086AJR WALLET

素材 ブライドルレザー 価格 41,040円(税込)
ブライドルレザーは丈夫なのが特徴ですが、そのぶん厚くて硬いというイメージも強いのではないでしょうか? こちらの長財布では、ブライドルレザーを薄く削ぐことで、従来のブライドルレザーのイメージを良い意味で裏切ることに成功しています。札入れ4つにカードポケット8つと高い収納性も兼ね備えており、高級感・実用性ともに高い紳士のための長財布になっています。

エッティンガーのメンズ長財布の特徴とは

馬具や手綱に使用されているブライドルレザーを使用

エッティンガーは、1934年にロンドンで創業されたブランド。創業者のゲリー・エッティンガーは映画のディレクターから転身してきた異色の経歴の持ち主。エンターテイメント業界からレザーグッズの世界へやってきた彼のモットーは「お客さまを喜ばせたい、楽しませたい」。その心は今もエッティンガーの職人たちに受け継がれていると言われています。

当時、そのレザーグッズが評判をよび、ハロッズやフォートナム&メイソン、バーニーズ・ニューヨークといった世界的有名店から財布や名刺入れなどのレザーグッズのオーダーが舞い込みました。エッティンガーのアイテムに刻印されていた「HAND MADE IN ENDLAND」がロンドンやニューヨークで紳士の証しとなったほど上質なつくりが認められ、一躍世界的レザーブランドへと成長を遂げました。
そして1996年にウェールズ皇太子から英国王室御用達(ロイヤル・ワラント)の栄誉を授かりました。創業から30年でのロイヤル・ワラントの栄誉を与えられたこと、さらに2000年にギフトオブザイヤーも受賞したことで、ブランド地位は確固たるものになりました。

日本にも1999年から本格的に進出。主要なラインナップのひとつである「ロイヤルコレクション」は、実は日本からの提案で作られたコレクション。このコレクションでは英国らしい品格を備えているメーカーにのみ使用が許可されるロイヤルパープルが使われています。

エッティンガーの財布は外側には堅いブライドルレザー、内側には柔らかく手触りのよいパネルハイドを使用しており、外見と中側でカラーが違うのが特長です。今では外と中とで色が違う財布もよく見かけますが、このデザインを世界で初めて取り入れたのがエッティンガーなのです。
紳士の国が生んだ品格とこだわりが詰まった誇り高きレザーブランド「エッティンガー」。その中でもおすすめの長財布を見てみましょう。

>>人気のデザインのメリットとは?

エッティンガーメンズ長財布を選ぶ前に

エッティンガーには3つのコレクションがあります。一つ目はブランドの顔とも言える内側に黄色いレザーを使用したベーシックなコレクション。二つ目はチャールズ皇太子の60歳の誕生日にに合わせて英国王室とコラボレーションをしたロイヤルコレクション。その特徴は内側の革に使用されている品格漂うロイヤルパープル。三つ目は1934年の創業当時に流行していた英国紳士の伊達を表現したロンドン・カット・コレクション。その特徴はステッチとエッジを磨くカットエッジというスタイル。それぞれ気品の漂うコレクションで特徴も個性的です。自分が長財布を持っている姿、実際に使っている姿をイメージしながら選ぶとよいでしょう。

また、スーツを着ることが多い男性は特に「薄さ」にもこだわるべき。スーツの内ポケットがお財布で膨らんでいるなんて格好悪いですよね。持っていて誇りに思えて、更に持ち歩きやすいものの方が長年愛用できますよね。革や機能の工夫から、質のよくて薄いものを選ぶことをおすすめします。

>>その他の人気ブランドはこちら