ココマイスター

ココマイスターの武器は職人×素材×IT

財布ブランド:ココマイスター

2009年に立ち上げられた日本のブランド。日本の製造業の技術力を世界に発信していくことを目的として「世界に通用する日本ブランドの確立」を謳っています。

ココマイスターのコンセプトは「日本の職人がつくる心温まる革製品」。日本の熟練技術をもった職人を集め、細部まで手を抜かずにこだわり抜いたものづくりをしています。さらに、「日本の職人技を最大限にいかすのは素材である」という考えのもと、世界に誇る革製品を多く手がける欧州の素材に目を付け、革の仕入れコストを度外視した上質な皮革のみを買い付けています。

ココマイスターの熟練職人はそれぞれ得意分野があり、鞄職人・財布職人と分かれています。100名以上いるマイスターを得意分野ごとに最適なマッチングを行っているため、その道を極めた職人が丁寧に製品を作り上げられる環境が整っています。

また、他ブランドとの大きな違いは、日本製のブランドを欧州と戦えるブランドに育てるために、ITの力を駆使しているという点です。インターネット上で情報を提供し、店舗に来店してもらってリアルに触ってもらって質の良さを分かってもらう、というスタイルをとっているココマイスター。この新しい価値を創造する次世代型のブランディングは、日本の製造業の発展のヒントになるかもしれません。今後の動きにも要注目なブランドのひとつですね。

人気のメンズ長財布はどれ?

コードバン・ラウンドメンズ長財布

素材 コードバン 価格 38,000円(税込)
国産最高級のコードバンを使用したラウンド型スタイル。コードバンを外装に使用することで、経年変化で美しい光沢が放たれます。内側には欧州の上質なヌメ革を使用。内側の変化も楽しめる、経年変化を愛する方にぴったりのメンズ長財布です。

ブライドル・インペリアルウォレット

素材 ブライドルレザー 価格 28,000円(税込)
1000年もの歴史をもつ英国ブライドルレザーを使用。重厚でいて上品な表情が特徴です。マチ付き札入れや小銭入れといった基本的な機能から、カードは全て縦に入れるなど機能にこだわりがあり、見た目のスマートさからは考えられないほど多くのものを収納できます。

ココマイスター商品の特徴とは

イタリアのトスカーナ地方で1000年以上も受け継がれてきた革を使用

このブランドの特徴はやはり「革」と「職人技」でしょう。「日本の職人がつくる心温まる革製品」というコンセプトに基づき、欧州の厳選された皮革を使い、製品の細部までこだわり抜いた“ものづくり”をしています。まず「革」についてですが、このブランドでよく表に使われているマットーネ皮革と内側に使われているヌメ革は、表面への加工を極力しないため、牛が生きていた頃の傷や血管の後が残っています。そのため、経年変化(エイジング)の味の出方もひとつひとつ違いが出て、世界でひとつだけの自分の長財布を持つ事ができるようになるのです。

そして「職人技」、その素材の良さをダイレクトに感じて欲しいという想いから、デザインはシンプルなものが多いのですが、そのシンプルな中にも日本の熟練職人達のこだわりが詰まっています。そのひとつがコバ塗り。このコバの仕上がりを見ればその職人の腕が分かると言われているほど重要な部分なのです。ココマイスターはこのコバをコバ塗りという非常に手間と職人の技術を必要とされる方法で仕上げています。

ココマイスターのこだわり

職人のこだわり

一般的な革製品ブランドであれば、職人は財布も鞄も両方扱うケースが目立ちます。それに対してココマイスターでは、財布は財布職人だけが、鞄は鞄職人だけがつくります。

熟練の職人であれば、もちろんどちらの製品についても素晴らしい技術を発揮することができるでしょう。しかし長く仕事を続けて技術を極めていくと、必然的に得意分野が生まれてくるものです。
「鞄も得意だが財布はもっと得意だ」という職人だけに財布をつくらせることができたとしたら、そのブランドの財布は超上質の製品ばかりになるのではないでしょうか?

ココマイスターでは100名以上の熟練した職人を抱えていますが、その全員が、特定の専門分野についてしか取り扱いません。つまり、全員がスペシャリストだということです。革の種類や厚みによってもそれぞれ違う職人を指定します。この仕組みによって、ココマイスターでは最上級のメンズ長財布を生み出すことができているのです。

革へのこだわり

そんな熟練のスペシャリストたちが取り扱うのですから、素材ももちろん高品質のものでなければなりません。

ココマイスターの長財布では、ヨーロッパの希少な天然皮革のみを使用しています。門外不出の伝統製法を用いた天然皮革は高額ですが、その分、見た目も手触りもレベルがまったく違います。
一方で高級天然皮革には、納期が不安定であったり生産量が少なかったりといった難点があります。そのため、製品を大量生産する必要のあるメーカーでは敬遠されがちなのが実情です。それでも、製品の品質に徹底的にこだわるココマイスターでは、素材選びに妥協することはありません。

そんなこだわりがあるからこそ、ココマイスターの実店舗ではガラスケースを置いていません。どの製品も、実際に手にとって質感を確かめてから買うことができます。これも、ココマイスターならではの自信の表れだといえるかもしれません。

使い込むほどに味が出る5つのシリーズ

コードバンシリーズ

コードバンシリーズは、その名のとおりコードバンをメイン素材として使用しているシリーズです。「革のダイヤモンド」や「キング・オブ・レザー」などと称されるコードバンは馬の尻部分の革で、透明感のある輝きが魅力。革靴やランドセルなどによく使われている素材だと説明すれば、レザー素材についての知識があまりない人でも理解しやすいのではないでしょうか。

見た目の美しさだけでなく、牛革の3倍ともいわれる強度を誇っていることも「革のダイヤモンド」と呼ばれる所以です。また、部位の性質上、一頭の馬からはわずかしか採れないという稀少性も、ダイヤモンドに通じるものがあるでしょう。

ブライドルシリーズ

ブライドルシリーズは、イギリスの伝統的革素材であるブライドルレザーをメインに使用しているシリーズです。完成までに半年もの歳月が必要となるブライドルレザーは、1000年以上の歴史とともに培われた伝統技術による職人技の素材。さらに、そんなブライドルレザーは非常に硬い革でもあるため、加工にも熟練の職人技が必要となります。

最上級の技術と伝統との積み重ねなしでは生まれないこのブライドルシリーズは、まさしく違いのわかる紳士にぴったりなアイテムといえるでしょう。

また、使い込めば使い込むほど光沢に磨きがかかるのもブライドルレザーの特徴です。使いながら、この世に一つしかないあなただけの財布を完成させましょう。

マットーネシリーズ

マットーネシリーズは、ココマイスターが誇るロングセラーシリーズです。マットーネというのは、イタリア伝統のバケッタ製法を用いて作られる、個性的な革素材のこと。ツヤ出しには、卵白を原料としたカゼイン加工を行っていますので、オーガニックならではの豊かで自然な表情を楽しめる革となっています。

マットーネの特徴としては、素材の生産にあたって多くのオイルが使用されているため、乾燥しにくく非常に使いやすいという点が挙げられます。一般的な革製品を長く愛用するためには定期的なメンテナンスが欠かせませんが、マットーネの場合は、水に弱いことにさえ注意すれば特別なケアはほとんど必要ありません。

ナポレオンカーフシリーズ

ナポレオンカーフは、かの皇帝ナポレオンが英仏を統治していた時代から愛されてきた、伝統的なイタリア産の革素材です。希少価値が高く日本にはほとんど入ってこない素材ですが、そんな高級素材をふんだんに使用しているのが、こちらのナポレオンカーフシリーズとなります。

「最も革らしい革」と呼ばれるほど、ナポレオンカーフには革ならではの特徴が顕著に表れます。たとえば手に吸い付くような質感であったり、エイジングの楽しみであったりです。特にエイジングについては、わずか数か月の使用でも見る見る風合いが変わってくるほど。自分色の長財布を持ちたいという人にはぜひオススメのシリーズだといえるでしょう。

パティーナシリーズ

パティーナはヌメ革の一種で、最も自然のままの革に近いヌメ革だといわれている素材です。植物由来のタンニンのみでなめし、表面加工もほとんど行わないため、シワや色ムラなどの個性が個体ごとにハッキリと出るのが魅力です。

ヌメ革の一種ですから、丈夫ですが表面は傷つきやすいというのも特徴のひとつで、その傷がまた味となります。ゆっくりと、しかしそれでいて着実に表情を変えていくパティーナは、エイジングを楽しみながら革製品を使いたい人にうってつけの素材といえるでしょう。パティーナシリーズでは、そんなイタリア産のパティーナをメイン素材として使用しています。革本来の風合いが好きだという人にオススメのシリーズです。

ココマイスターメンズ長財布の賢い選び方

ココマイスターのメンズ長財布には「コードバン」「ブライドル」「マットーネ」「ナポレオンカーフ」「パティーナ」という革種類別の5つのシリーズがあります。経年変化を楽しめるもの、ソフトな肌触りが特徴のもの、上質な光沢を楽しめるものなど、革によって特徴も価格も違います。またカラー展開も豊富なので選択肢は多岐に渡ります。それが故に迷ってしまいますよね。でもココマイスターはそのブランドコンセプトにもあるように、インターネット上での情報提供に力を入れています。詳細なサイズや色まで載せていますので、まずはHPをチェックしてある程度絞り込んでから、実際に店舗に行ってリアルに触って手に馴染むものを選ぶ、という購入方法がおすすめです。

また、長財布を選ぶポイントは、デザイン・全体サイズ・機能性などいくつかあります。まずは自分がその長財布を使っているシーンを思い浮かべてみるといいでしょう。ビジネスシーンでの使用が多いのであれば、スーツに合う色・薄さを重視した方がいいでしょうし、ほとんどバッグに入れているというのであれば機能性を重視してサイズもマチも大きめのものを選ぶのもいいですね。その次に来るのは予算です。ここが一番悩むポイントだと思いますが、少し背伸びをしたぐらいのものを選ぶのがおすすめです。その財布に見合った人になろうと意識をすることが大人の男への成長を助長させてくれるでしょう。

しかしいくら高級な革を使っているとはいえ、作りが粗悪だったら意味がありません。革のグレード、作りにこだわっているものを選び、最終的には価格で絞り込むといいでしょう。ブランドネームによって同じ革・同じ作りのはずが高額になっているものもあるので、見極めは大切です。

また、薄さにこだわりのある財布が男性からは人気。ポケットや鞄からの出し入れもスムーズで、スマートに持ち歩くことができるのでおすすめです。

>>その他のおすすめブランドをチェック