革のメンズ長財布を選ぶときのチェックポイント

できる男は財布が違う

お札を折り曲げずにすみ、男のビジネスシーンをスマートに演出してくれる革の長財布。お金をスマートに管理している大人の男性には欠かせないアイテムだといえるでしょう。シンプルで一見似たようなデザインが多い印象ですが、使っている革の種類や質、マチの深さやカードの収納力、小銭を入れたときの厚みなど、一見しただけでは分からないような細部にこだわりがあります。自分に合ったメンズ長財布を選ぶためにも、革の種類や仕上げや型についての知識を身につけておきましょう。
特に、素材となっている革にはたくさんの種類があり、特徴も異なります。使い込むうちにくったりとした風合いに変化する、いわゆる経年変化(エイジング)を楽しむことができるヌメ革のようなものもあれば、何年使っても購入時のままキレイな状態を保っているような革もあります。まずは自分が求めている長財布はどのようなものなのかを意識するようにしましょう。
とはいえ、急に自分が求めている長財布を決める事は難しいと思います。そんな方は、ぜひ以下の情報を参考にして選んでみてください。

価格帯から選ぶ
価格
メンズ財布の中でも革を使用したものは比較的高めのものが多いですが、ブランドによっては低価格ながらも質のよい財布を取り扱っています。ここでは、価格帯別のおすすめメンズ長財布や、それぞれの価格帯の財布選びにおける注意点などを紹介します。
価格帯から選ぶを見る
ブランドから選ぶ
ブランド
革の種類やグレードは様々で、それによって表情が異なるので様々な革を是非比較してみてください。しかしどんなに上質な革を使っていても、作りが粗悪だったら長く使うことはできませんよね。また、スーツに似合う薄さは男性には外せないポイントではないでしょうか。
おすすめブランドを見る
年代別から選ぶ
紳士
男性にとって、バッグやスーツから取り出す革のアイテムは、自らのセンスや価値すらも露呈してしまう大変重要なアイテムだといえます。男性の場合、特に恋人や後輩におごったりなど人前で財布を出す機会が多く、財布はその代表的なアイテムのひとつだといってもいいでしょう。
年代別の選び方を見る
革から選ぶ
革
革の特徴、グレードを知り、グレードの高さと好みで革の種類を選んでみましょう。革のグレードともに注目したいのが財布のつくりです。つくりはブランドによって差が出てくる部分でもあるので、各ブランドのサイトをチェックするなどしてブランドのつくりへのこだわりを確認してみるのも良いでしょう。
長財布の革を見る
機能から選ぶ
財布
長く使い続けるためにも重要となる財布の「機能」。外見ではわからない部分も多いので、店舗で購入する際は手に取ってチェックし、通販などで購入する際も内側の画像はしっかり確認しましょう。その際のチェックすべきポイントを解説します。
機能別を見る

メンズ長財布のお手入れ方法

折角手に入れた長財布もお手入れを怠っているとその価値も半減していまいます。できる男はやはり持ち物にこだわって、その手入れもしっかり行なっているもの。でもどんな手入れをすればいいのか分からない…そんな人はこちらをチェック!

メンズ長財布のお手入れ方法

おすすめブランド6選

革のグレード、薄さ、つくりの良さ、価格ともに優秀で愛用者も多いメンズ財布5ブランドをご紹介!機能性やデザイン、カラーなどから、好みのものを見つけてみましょう。

Danzy
danzy

革の最高級グレード、薄さ、つくり、価格。全てに突出した新鋭ブランド

ブライドルレザーを中心とした最高級革を使用。それぞれの特性を生かす革選びと質の高いつくりで近年注目される新鋭ブランドです。他ブランドにも引けをとらないグレードながら、比較的価格を抑えたラインナップで幅広い年齢に支持されています。

Danzyをもっと見る

Danzy/小銭入れ付きメンズ長財布

植物性フルタンニンなめしを施した厳選革を使用。Danzy財布の大きな特徴として注目したいのがそのスマートなフォルム。小銭入れのファスナーを無くすことで驚くほどの薄さを実現。ポケットからの出し入れもしやすく、機能性の高い財布になっています。

続きを読む

GANZO(ガンゾ)
財布

経年変化(エイジング)にこだわるGANZOの長財布

その歴史は100年前まで遡ります。1917年として創立後、都内唯一の皮革袋物専門製造卸業として三越本店をはじめとした都内大手百貨店に展開していき、1960〜1970代にかけてはその範囲を全国にまで拡げていきます。そのような老舗としての伝統と技術を次世代に伝えていくため、新たな挑戦として2001年に、フラッグシップブランドとなる「GANZO」を立ち上げ、表参道に直営店舗をオープンします。

GANZO(ガンゾ)をもっと見る

GANZO(ガンゾ)/CALF NUME2(カーフヌメ2)

入手困難な国産カーフヌメを本体に使用。職人の手と細かいディテールにこだわりが光るシリーズです。カード段を横に配置し、更に革が重ならないようにカード段デザインが考えられています。スマートに使える、ビジネススタイルに最適なアイテム。

続きを読む

ココマイスター
ココマイスター

熟練職人による手仕事。こだわりの革製品専門ブランド

日本の熟練職人による手仕事でこだわりの“ものづくり”を信念としています。
革選びから、どうしたら良い素材を生かせるのかという部分にこだわり、素材の特性に合わせて職人を厳選しているのもポイント。財布の切れ端部分には「コバ塗り」と呼ばれる手間のかかる仕事を施し、素材の良さをシンプルに感じ取ることができる製品を生み出しています。

ココマイスターをもっと見る

ココマイスター/ブライドル・アルフレートウォレット

英国ブライドルレザーと、内側に施された欧州のヌメ革のコントラストが美しく、新品の状態から非常に完成度が高い逸品。革のみで生地を一切使わない仕様により、丈夫さと重厚感を感じる反面、スリムで重さもそれほど感じません。カラーバリエーションも豊富です。

続きを読む

エッティンガー
エッティンガー

厳選されたブライドルレザーを使用。英国王室御用達ブランド

1934年にロンドンで創業した皮革製品ブランド。高級素材のひとつとされるブライドルレザーの中でも、厳選された高品質のものだけを使用。厚く堅いといった特徴をもつブライドルレザーに独自の技術を施し、2つ折りにしても厚みを感じさせないスマートな財布実現しています。品質だけでなく、センスの先取りも同社の伝統。

エッティンガーをもっと見る

エッティンガー/ウォレット

ロンドンの皮革製品ブランド。熟練職人7人の手作業を経て丁寧につくられたアイテムです。メインの札入れに加え、サブの札入れが左右に3つ、カードポケット8つがついています。元英国首相のトニー・ブレア氏もご愛用。

続きを読む

カミーユフォルネ
カミーユフォルネ

上級の製品を手作りで。パリのハンドメイドブランド

高級時計ブランドにオリジナルベルトを提供していることでも知られている、パリのハンドメイドブランド。使用する素材はクロコダイル、リザード、オーストリッチ、カーフなど高級のものに限ります。「上級の製品を手作りで」という創業者の精神は1945年創業以来受け継がれ、今もなお高度なスキルを身につけた職人により手作業で作られています。

カミーユフォルネをもっと見る

カミーユ・フォルネ/ラウンドファスナー長札入れ

オシャレな大人の男性が好んで使用している、カミーユ・フォルネの、長きに渡る定番素材ヴォーグレネ。高級カーフに型押しを施し、素材の表面に傷がつきにくいのが特長。心地よい手触りで、飽きのこない質感です。

続きを読む

ホワイトハウスコックス
ホワイトハウスコックス

英国風スタイル。受け継がれる歴史あるレザーブランド

1860年創業、馬具やベルトなど高品質なレザーグッズを作り続けている歴史あるブランドです。素材には主にイングリッシュブライドルレザーを使用。長い間の使用に耐えられる素材とクオリティの高さ、そして愛着ある逸品へと育っていくエイジングが多くのファンを魅了し続けています。毎年様々なカラーの組み合わせで作られる2トーンモデルは必見。

ホワイトハウスコックスをもっと見る

ホワイトハウスコックス/ロングジップウォレット

最高級グレードのカーフを原皮に使用し、ハーフベジタブルタンニング・フィニッシュでなめすことにより、ソフトな風合いに。片方向にのみ模様を入れたワンウェイ・ボックスカーフが特徴的で、エイジングを十分に楽しむことができます。

続きを読む

グレード、薄さ、つくりにこだわる

本当に良いメンズ長財布に出会うために絶対に欠かせないチェックポイントが、革のグレード、財布の薄さ、つくりの良さです。意外と知られていない、選ぶ際に見るべきポイントをお教えします。

グレードへのこだわり

男の財布は革のグレードで選ぶ

革のメンズ長財布といってまず気になるのが、革のグレードではないでしょうか。ひとくちに革といってもその種類は様々で、馬、牛、羊、豚など動物別の革が存在するだけでなく、牛革だけでもカーフ、ベビーカーフ、ボックスカーブ、コノリーレザーなど様々なグレードが存在します。また、長い間使ったことで良い風合いにエイジングするものもあれば、何年も購入したままの状態をキープできる革もあります。好みに合わせて革を厳選しましょう。

ポイント

男の財布は革のグレードで選ぶ

詳しいこだわりのポイントを見る

薄さへのこだわり

男の財布は薄さで選ぶ

財布を快適に使いこなす上で重要となってくるのが財布の薄さです。財布をスーツやパンツのポケットに入れて持ち歩くことが多い男性にとって、かさばる分厚い財布は使い勝手がいいとは言えません。また、パンパンに膨らんだ財布は見た目にもだらしないイメージを与えてしまいます。スマートに財布を使いこなすなら、やはり薄さにこだわった財布がおすすめ。さまざまな箇所に工夫をこらして、収納性を保ちつつ薄さを担保している財布もありますのでぜひチェックしてみましょう。

ポイント

男の財布は薄さで選ぶ

詳しいこだわりのポイントを見る

つくりへのこだわり

男の財布はつくりで選ぶ

素材にこだわるブランドは多いですが、つくりが粗悪なものだったら意味がありません。革のこだわりだけ強調しているブランドよりも、つくりや製造過程にもこだわったブランドのメンズ長財布を選びましょう。選ぶ際、ぜひこだわってチェックしてもらいたいのが財布のフチにある縫い目。この縫い目が、つくりの良さ悪さを判断する大きなポイントとなるのです。では、この縫い目がどのようになっていれば、質の高い財布と言えるのでしょう。詳しいチェックポイントを解説します。

ポイント

男の財布はつくりで選ぶ

詳しいこだわりのポイントを見る

価格で選ぶ

革のグレード、薄さ、つくりの良さの他にぜひ比較してもらいたいポイントが「価格」です。同等のグレード、薄さ、つくりのブランドであれば、その中でも安く抑えるのが賢い選び方。同じ価格帯の中から、上級の逸品を選択しましょう。

ウソ?ホント?メンズ長財布のウワサ

世の中にはウソかホントかわからないウワサ話があふれていますが、メンズ長財布も例にもれず真偽が定かではないウワサが存在します。そこで、メンズ長財布にまつわるウワサ話をピックアップしてみました。どうしても決めかねるときは、こういったものを参考にするのも良いかもしれません。

メンズ長財布と風水

財布のカラーや、最初に入れるお金で金運が決まる…そんな風水の話を聞いたことがある方も多いのでは。

メンズ長財布と年収

高収入の人は高級なメンズ長財布を使っている、高い財布を買うと収入が上がる…メンズ長財布と年収に関するウワサの真相は。

1万円~2万円のメンズ長財布

Danzy/小銭入れ付きメンズ長財布

素材 フルタンニンイタリアンレザー 価格 8,640円(税込)
植物性フルタンニンなめしを施したイタリアンレザーを厳選して作られています。レザーの質を担保しながらも低価格なのは、製造元であるタイでレザーを直輸入しているため。また、Danzy財布の大きな魅力がその薄さ。小銭入れのファスナーを無くすことでスマートなフォルムを実現しています。

土屋鞄/コンフィオヌメ革長札入れ

素材 ヌメ革 価格 18,000円(税込)
ヌメ革は、タンニンでなめされたナチュラル仕上げの革で、手入れをこまめにしていれば長く使えるのが特長。メインの札入れ部分は、サイドからボトムまで通しの折りマチが付けられた箱型設計。広げれば、折り目のない1万円札を最大100枚も収納できます。

レザージー/ジャパンコードバンメンズ長財布

素材 コードバン 価格 15,750円
ヨーロッパから輸入し、日本の馬革専門タンナリーでなめし仕上げられたコードバンを使用。強固な丈夫さと、滑らかな手触り、美しい光沢感が魅力です。内部は、余裕をもった紙幣の収納サイズで、マチ付きなのでお札もたっぷり入ります。前段に6段と、かぶせにもカード収納あり。

Lahella/ラヘラ レザーロングウォレットL-102

素材 牛革(オイルヌメレザー) 価格 15,984円(税込)
フィンランド語で(草木の)そばに、という意味のLahellaは天然素材のなかでも特に環境にやさしい素材を使ったシンプルなデザインのもの作りをコンセプトとしているメーカーです。じっくり使い込むことで味のでる栃木レザーを使い、じっくり時間をかけてなめしているから手触りもよい一級品です。

オリーチェ/oriceレザー長札ウォレット

素材 イタリアンレザー(オリーチェレザー) 価格 15,120円(税込)
イタリアトスカーナ地方でベジタブルタンニング専門のタンナーとして創業したオリーチェの長札ウォレットは革本来の質感を感じられるメンズ財布です。ツヤと透明感のある色合いが特長のオリーチェレザーを使っているため、見た目にも楽しめる1品です。

Paul Smith/ダブルステッチメンズ長財布

素材 牛革 価格 19,980円(税込)
デザイン自体はベーシックなタイプですが、ポールスミスらしい配色のステッチがアクセントとなっているメンズ長財布です。デザイン性にも優れているダブルステッチですが、耐久面でも心強く、長く愛用したい財布です。

1万円~2万円のメンズ長財布>>1万円~2万円のメンズ長財布をもっと見る


できる男はどのように財布を選んでいるのか、メンズ長財布を選ぶ際にこだわるべきポイントをまとめて解説。財布の選び方ひとつで、男の質も変わってきます!価格別、グレード別の人気メンズ長財布も合わせて紹介しています。